東京キララ社オフィシャルコラム

根本敬コラム

根本敬

TAKASHI NEMOTO

1958年東京生まれ。自称特殊漫画家。幻の名盤解放同盟員。81年『ガロ』で漫画家デビュー。 84年『平凡パンチ』に『生きる』連載。90年代から漫画に限らず、文筆、映像、講演、他職域(しのぎ)が広がる。アップリンクファクトリーで毎月最終金曜日開校される『映像夜間中学』は14年目を迎える。主著に『怪人無礼講ララバイ』(漫画。代表作『タケオの世界』収録)『因果鉄道の旅』(文章本)『ディープコリア』(紀行。※共著)他多数。 最近はDJとしても活動し、話題のストーリミングスタジオDOMMUNEへの出演、ブラックスモーカーレコーズよりリリースされたMIX CD『愛駅-LOVE STATION』は異例のセールスを記録、全国でのDJツアーを行い『特殊DJ』としても一部で評価をされている。今年7月より自社ならぬ自家ブランド『家作(casa-cue」を本格的に始動。また10月、フランスの異能アート集団ル・デルニエ・クリの招きで拠点マルセイユに渡り『MANGARO/HETAUMA』展に参加。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/TOKUSYUMANGA/

【作品解説その16】チャールズ・ミンガス「直立猿人」

March 3. 2015 11:57 AM

レコードを聴く以上にミンガスの自伝を読む方が優先順位は高いとも一部で言われてたりするが、当「直立猿人」ジャケ画、実はビンクフロイド「原子心母」を線画で描いてるうちに過剰かつシュールにかいてしまい迷走し途方にくれているうちに突然「直立猿人」のバックに見えて来てその結果がこれだが、手前味噌ながら非常に気にいってしまった。

 

DSC_0503

 

直立猿人元

東京キララ新聞社

PICK UP!!

  • cover20170812ol

    築地魚河岸ブルース

  • 070605_表紙カバー_ol_cs6

    プリズン・カウンセラー - KEI

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹