東京キララ社オフィシャルコラム

根本敬コラム

根本敬

TAKASHI NEMOTO

1958年東京生まれ。自称特殊漫画家。幻の名盤解放同盟員。81年『ガロ』で漫画家デビュー。 84年『平凡パンチ』に『生きる』連載。90年代から漫画に限らず、文筆、映像、講演、他職域(しのぎ)が広がる。アップリンクファクトリーで毎月最終金曜日開校される『映像夜間中学』は14年目を迎える。主著に『怪人無礼講ララバイ』(漫画。代表作『タケオの世界』収録)『因果鉄道の旅』(文章本)『ディープコリア』(紀行。※共著)他多数。 最近はDJとしても活動し、話題のストーリミングスタジオDOMMUNEへの出演、ブラックスモーカーレコーズよりリリースされたMIX CD『愛駅-LOVE STATION』は異例のセールスを記録、全国でのDJツアーを行い『特殊DJ』としても一部で評価をされている。今年7月より自社ならぬ自家ブランド『家作(casa-cue」を本格的に始動。また10月、フランスの異能アート集団ル・デルニエ・クリの招きで拠点マルセイユに渡り『MANGARO/HETAUMA』展に参加。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/TOKUSYUMANGA/

【作品解説その2】 勝新太郎「古賀メロディーを歌う」

September 9. 2014 09:54 AM

例えお題が古賀政男作品だろうと、勝新の喉には、聴くものにしばしばサイケデリックな体験を及ぼす効能がある。

「YESTERDAY」に引き続き、ラスタカラーの名残りは残っている。が、古賀邸の日本庭園でもましてやキングストンでもなく、ここは「夢に出て来たハワイ」である。

昼食はハワイ産キノコを炒めものに混ぜて、満腹なふたり。

ハワイのキノコ(MM)は効きが強引なのだが、まだ効果は現れていない。 しかし、既に予調は孕んでいる。よく見れば足元で小人が逆回転を既に始めているのである。

 

「古賀メロディーを歌う」 両国RRR「レコードジャケット展 9月場所」に出品!

DSC_0458

 

untitled

 

 

東京キララ新聞社

PICK UP!!

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹

  • tanaH1scan_obi_s

    夢の悦楽 - 田名網敬一

  • HIMENO_cover_ol

    号外 地下しか泳げない通信 - 姫乃たま