東京キララ社オフィシャルコラム

根本敬コラム

根本敬

TAKASHI NEMOTO

1958年東京生まれ。自称特殊漫画家。幻の名盤解放同盟員。81年『ガロ』で漫画家デビュー。 84年『平凡パンチ』に『生きる』連載。90年代から漫画に限らず、文筆、映像、講演、他職域(しのぎ)が広がる。アップリンクファクトリーで毎月最終金曜日開校される『映像夜間中学』は14年目を迎える。主著に『怪人無礼講ララバイ』(漫画。代表作『タケオの世界』収録)『因果鉄道の旅』(文章本)『ディープコリア』(紀行。※共著)他多数。 最近はDJとしても活動し、話題のストーリミングスタジオDOMMUNEへの出演、ブラックスモーカーレコーズよりリリースされたMIX CD『愛駅-LOVE STATION』は異例のセールスを記録、全国でのDJツアーを行い『特殊DJ』としても一部で評価をされている。今年7月より自社ならぬ自家ブランド『家作(casa-cue」を本格的に始動。また10月、フランスの異能アート集団ル・デルニエ・クリの招きで拠点マルセイユに渡り『MANGARO/HETAUMA』展に参加。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/TOKUSYUMANGA/

【作品解説その6】 ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」

September 9. 2014 11:42 PM

78年、20歳の時、初めて見た「ブラック&ブルー」の並びには完全にやられた!と当時平伏した。

『並び』にバンドの力関係が絶妙な配置により表現されていた。

『並び』は『並美』というえもいえぬ調和に心は感動とともにちぢに乱れた。

因みに中ジャケはメンバーが夜明けの浜辺で火(ライトだったか?)を回転させたり動かしている様をストロボで撮っているのだが、火(ライト)が表しているのは、レコード番号だったりするのでは?と考え過ぎたりも当初したものだった。

しかしこの並びからは日本のムードコーラスなどによくある、メンバーが色々な方向に向かって無造作に並び結果ダダ的な感銘を与えてくれるときのあの感覚に、整然と計算ずくにつくりあげながら、無秩序の時に暴力的なバカバカしさにふれた瞬間の衝撃に匹敵する最強の秩序だ。

このストーンズの並びをお馴染みのキャラクターで結構塗り込み描き込みした(根本敬当人比)のだが。

これはなかなか売れない。個人的には大変良く描けおり思いも強く、今尚『作品集』表紙カバーの有力候補である。

 

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」

 

 Exif_JPEG_PICTURE

 

blackblue元

東京キララ新聞社

PICK UP!!

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹

  • tanaH1scan_obi_s

    夢の悦楽 - 田名網敬一

  • HIMENO_cover_ol

    号外 地下しか泳げない通信 - 姫乃たま