東京キララ社オフィシャルコラム

根本敬コラム

根本敬

TAKASHI NEMOTO

1958年東京生まれ。自称特殊漫画家。幻の名盤解放同盟員。81年『ガロ』で漫画家デビュー。 84年『平凡パンチ』に『生きる』連載。90年代から漫画に限らず、文筆、映像、講演、他職域(しのぎ)が広がる。アップリンクファクトリーで毎月最終金曜日開校される『映像夜間中学』は14年目を迎える。主著に『怪人無礼講ララバイ』(漫画。代表作『タケオの世界』収録)『因果鉄道の旅』(文章本)『ディープコリア』(紀行。※共著)他多数。 最近はDJとしても活動し、話題のストーリミングスタジオDOMMUNEへの出演、ブラックスモーカーレコーズよりリリースされたMIX CD『愛駅-LOVE STATION』は異例のセールスを記録、全国でのDJツアーを行い『特殊DJ』としても一部で評価をされている。今年7月より自社ならぬ自家ブランド『家作(casa-cue」を本格的に始動。また10月、フランスの異能アート集団ル・デルニエ・クリの招きで拠点マルセイユに渡り『MANGARO/HETAUMA』展に参加。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/TOKUSYUMANGA/

「ブラック アンド ブルー」-発刊-それ以降の心機一転、土工!的新作ジャケ画展(寿司も精子も健在でぴんからも相変わらず助けてくれます)

May 5. 2016 07:32 PM

【日取り】 6月23日(木)、24日(金*)、25日(土)、26日(日)
【時 間】 12時〜20時原則ながら、見たいお客様がおられれば20時きっちり終了とは限りません(会場へお電話下さい)。土曜日など、20時過ぎても遅くまで開廊して、勝手に居合わせたもので順繰りに皿など回してしまいそうです。
 
6月24日(金)は根本月例アップリンク「映像夜間中学実験的特集/特殊サイケデリック編」のため19時には会場を出ますが、誰かタイミング良くいられれば、せっかくの金曜の晩、20時まで開けておきます。 最終日26日は何かしらイベントを入れると思いますので、根本敬ホームページ、東京キララ社WEBサイト、ツィッターなど近づいたらチェックしてください。
 
【場 所】は、もちろん、本拠地である両国のRRR(両国楽園部屋)です。住所は墨田区両国1-3-9 ムラサワビル<1> 3階
隅田川を渡ってJR両国へ向かって右、近隣には猪を吊るして有名な「ももんじ屋」や春日の部屋があります。
 
今回はcrash白ならぬ「赤い暴動」、「アシュラ」「グルグル(カングル)」「アモンデュール」「NEU!」のジャーマンプログレ系(クラウトロック)から満を持してのビースティ・ボーイズ、ウータンクラン、デラソウル他ヒップホップの占める割合が高くなるかと思いますのでご期待下さい。
 
なお、今回からほんの少し(それでも同業者からは「まだ、安い」と言われるほどの)値段の方上げさせて貰います。
 

【週末イベント決定!!!!】
 
25日(土)DJ
20:00〜20:45 UMEZO(kamome sound system)
20:45〜21:30 中村保夫
21:30〜22:15 根本敬
22:15〜23:15 yudayajazz
入場1,000円
 
26日(日)「湯浅学と根本敬の目で見る幻の名盤解放画像国際編ほか まつり」
金嬉老のギター、マレーシアの酷すぎるサイケ、ソビエトさむくないかい?と声をかけたくなる可愛パンク、フランス、他もちろん大韓などなど、どうしようもない映像を観ながら、トークを繰り広げます!
入場1,000円 20:00頃から
 
会場限定販売グッズも準備中!!

両国RRRイベント詳細ページ
電話03-6666-9052(展示期間中のみ対応可です)

BB20160623nemotoA BB20160623nemotoB

東京キララ新聞社

PICK UP!!

  • 070605_表紙カバー_ol_cs6

    プリズン・カウンセラー - KEI

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹

  • カバータイトル_筑紫Aタイトル変アウトライ

    原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 - 釣崎清隆