新着情報

2018/05/25
【新刊】徳川おてんば姫

カテゴリ: 新刊情報

otenba_cover_fix0521_ol



徳川慶喜・末の孫娘(96歳)による波乱万丈”おてんば”自叙伝


徳川慶喜終焉の地・小石川第六天町の徳川邸、その屋敷で生まれ育った孫娘自身が綴る、戦前の華族の暮らし。
少女時代の夢のような生活から一変、結婚と戦争、夫との死別、再婚、娘との別れ。
高松宮同妃両殿下はじめ皇族との交流、終戦後の奮闘。
波乱に満ちた人生を軽やかに駆け抜ける「おてんば姫」初の著作。



【著者略歴】大正11年(1922) 東京小石川区第六天町の徳川慶喜家に四女として生まれる。父は徳川慶久、母は有栖川宮家から嫁いだ實枝子。姉は高松宮喜久子妃殿下、榊原喜佐子、兄は徳川慶光。松平康昌の長男・康愛と結婚後死別、井手次郎と再婚。

prf




目次:
第一章 第六天の暮らし
慶喜終焉の地、小日向第六天町/第六天の子供たち/「表」と「奥」の五十人/第六天のお正月/御授爵記念日/おとと様とおたた様
第二章 学校生活
おひい様の学校/「金剛石 水は器」/やりにくい歴史の授業/修辞会、体操会、遠足/御當日/葉山と軽井沢の夏休み/有栖川御流/絵と写真
第三章 結婚と戦争
結婚/新婚生活と戦争の足音/太平洋戦争の開戦/長男・長女の誕生と出征/疎開と空襲/終戦/戦死の知らせ/不思議な巡り合わせと娘との別れ/『精強261空〝虎〟部隊サイパンに死すとも』
第四章 戦後を生きる
再婚・目白での大家族暮らし/横浜の下町で開業/高松宮邸/世が世なら/高輪での暮らし/井手八景/殿下・妃殿下との思い出/第六天再訪


tokugawaPH01


PR用系図



2018年6月中旬発売(2018年6月13日取次搬入予定)
書名:徳川おてんば姫
著者:井手 久美子
体裁:小B6判(112×174mm)/ハードカバー/192頁
定価:本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-903883-29-8 C0023
発行・発売:東京キララ社


【書店様へ】
注文書はこちらのページより、ダウンロードしていただけます。

新着情報一覧へ

HOME