新着情報

2017/07/20
【新刊】沼田学『築地魚河岸ブルース』

カテゴリ: なし

cover20170812ol

築地の魅力は人にあり!


移転問題で注目が集まる築地市場ですが、カメラマン・沼田学の心を奪ったのは働く人たちの「顔」!
ターレーを乗り回すイカした佇まいと人生が刻み込まれたいい顔満載のポートレート集。


写真:沼田学
巻頭テキスト: 戌井昭人


order_uogashi




2017年1月に開催した写真展「築地魚河岸ブルース」が好評を博し、本書の制作に繋がりました。
さらに築地での写真展開催と大判写真集制作のためのクラウドファンディングも立ち上げられ、連動プロジェクトとして、各種イベントや様々な媒体とのコラボレーション企画などを予定しています。
詳細は本ページや、モーションギャラリープロジェクトページにて随時更新して参ります。

モーションギャラリー「築地魚河岸ブルース」プロジェクトページ





【沼田学 略歴】ぬまた まなぶ・1972年北海道生まれ。早稲田大学商学部卒。写真ワークショップコルプス修了。 バンドのローディー、ライブフォトグラファー、肉体労働、アシスタントをなどを経験、思い切り遠回りをして2003年カメラマンとして独立。雑誌、書籍、広告、web、ムービーなどを中心にアンダーグラウンドな文化をドキュメントすることに軸足をおき、幅ひろく活躍している。 歌舞伎町のホストの集団写真「指名アリ」、花街を取材した「赤線」、白目のポートレート「界面をなぞる」などのシリーズ作品が各種メディアで紹介され、注目を浴びている。

〈個展〉
2017「出張版 築地魚河岸ブルース」(サナギ 新宿/東京)
2017「築地魚河岸ブルース」(新宿眼科画廊/東京)
2015「Chaito! Cuba, Havana」(BARBOSSA/東京)
2014「界面をなぞる2」(新宿眼科画廊/東京)
2012「界面をなぞる」(新宿眼科画廊 / 東京)
2009「指名アリ」(新宿眼科画廊/東京)
2006「鉄割」(青山上海倶楽部 / 東京)
2000「極楽鳥」(コニカプラザ / 東京)
1999「インド路」(コニカプラザ / 東京)

〈作品集〉
「CRP CUBA HAVANA 2015」(CRP)2015

〈収蔵〉
清里フォトアートミュージアム



〈参考記事リンク〉
Fraction Magazin Japan「吉原 沼田学」
SILLY「近所の辺境を記録する/白目写真家・沼田学」
メシ通「築地市場の“いい顔”を撮り続ける男に聞く『素顔の築地』とは」
ROASSIDERS’ weekly「築地魚河岸ブルース」



2017年8月末発売(2017年8月30日取次搬入予定)
書名:築地魚河岸ブルース
著者:沼田学
体裁:A5判/並製/カラー144頁(予定)
予定価格:本体2,000円(税別)
ISBN978-4-903883-26-7 C0072
発行・発売:東京キララ社


【書店様へ】
注文書はこちらのページより、ダウンロードしていただけます。

新着情報一覧へ

HOME

東京キララ新聞社

記事カテゴリ

月別アーカイブ

PICK UP!!

  • 070605_表紙カバー_ol_cs6

    プリズン・カウンセラー - KEI

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹

  • カバータイトル_筑紫Aタイトル変アウトライ

    原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 - 釣崎清隆