新着情報

2017/01/27
【新刊】釣崎清隆『原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記』

カテゴリ: なし

カバータイトル_筑紫Aタイトル変アウトライ


嬲られ、分断され、見棄てられ、狂騒する荒れ地。


福島第一原発で約2年間、作業員として収束作業に従事した釣崎清隆が綴るノンフィクション。



死体写真家として各国の無法地帯、紛争地域を渡り歩いてきた釣崎清隆が、取材ではなく一作業員として対峙した収束現場の最前線。
使命感に燃える地元作業員と、様々な思いにかられ各地から集まった作業員たちによる人間模様。浮き彫りとなる矛盾。蔓延する言説が前進を妨げ、むしろ被災後の方が切実な福島の悲劇に、あわれみではなく名誉を讃えよ! 著者渾身の書き下ろし作品。




● 目 次
1Fカサンドラ・クロス/車両サーベイ
 花園の秘密
 福島原子力災害/現場の論理
 車両サーベイ/東電の犬
 矛盾の現場/「サーベイ」は測定に非ず
 車両サーベイ道の作法
 嵐の現場/ボックスカルバート
 GM管がない!
外人部隊
 山水館物語/外人部隊の飯場ユートピア
 S社長の物語
 ノリさんの物語
 ババアの物語
 ナオキの物語
汚染地帯
 パンドラの箱
 危険手当の行方
 浜通りゼノフォビア
 1Fの掟と引き裂かれた虚無
 嬲られ、分断され、見棄てられ、狂騒する荒れ地
 「原発慰安婦」との遭遇
1F宇宙戦争/ラジコン
 ラジコン/1F災害最前線
 「特攻」/戦場の論理
 1F作業員の鏡
 月世界旅行/ある不祥事
 最前線と真の戦士
戦争と名誉
 1F殉職者の名誉
 IAEAのお通り/戦後日本の縮図
 穢された誇りのユニフォーム
 チェルノブイリと福島/名誉喪失の未来像


【釣崎清隆 略歴】一九六六年富山県高岡市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。AV監督を経て写真家としての活動を開始。死体を被写体としてタイ、コロンビア、ロシア、メキシコ、パレスチナなどで取材を行なってきた。映像作家、文筆家としても活動中。著書に『死体に目が眩んで』『死者の書』、映画監督作品に『死化粧師オロスコ』『ジャンクフィルム』がある。



2017年3月上旬発売(2017年3月10日取次搬入予定)
書名:原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記
著者:釣崎清隆
体裁:四六判/並製/200頁
予定価格:本体1,600円(税別)
ISBN978-4-903883-23-6 C0036
発行・発売:東京キララ社


【書店様へ】
注文書はこちらのページより、ダウンロードしていただけます。

新着情報一覧へ

HOME

東京キララ新聞社

記事カテゴリ

月別アーカイブ

PICK UP!!

  • 070605_表紙カバー_ol_cs6

    プリズン・カウンセラー - KEI

  • プリント

    秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown - 佐藤直樹

  • カバータイトル_筑紫Aタイトル変アウトライ

    原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 - 釣崎清隆